インプラントで快適

インプラントの即時埋入

即時埋入というインプラント

インプラントは、歯が抜けてしまったところにチタンを入れて、歯の代わりにするという治療です。虫歯や歯周病で抜けそうな歯がある場合には、抜いてから治療することになりますが、従来ですと抜歯してから歯茎などの組織が治るまで数ヶ月待ってからインプラント治療に入りました。この治療ですと、歯がない期間があり、患者さんにとって不便でした。そこで、即時埋入といって、抜歯したその日のうちにチタンを埋め込むという方法が登場しました。待つ期間がなくなるので、短期間で治療を終えるメリットや、麻酔の回数が減るなどの効果もあります。

抜歯してから即時埋入する治療法

歯がグラグラで残せない場合、その歯を抜くことになります。抜いてからはしばらくは歯茎が治るまで、入れ歯などもきちんと入れられません。しかし、インプラント治療であれば、抜歯して即時埋入という方法で、抜いたその日にチタンを埋め込む手術をすることができます。インプラントはチタンの上に、人工の歯を装着する治療法で、自分の歯のような自然な噛み心地が特徴です。チタンを埋め込んですぐに人工歯が入るわけではありませんが、入れ歯よりも快適に過ごすことができます。即時埋入することで、抜歯と手術の麻酔の回数も減らし、患者さんの負担を軽減できます。

↑PAGE TOP