インプラントについて

クラウンと呼ばれる被せ物

インプラントの幾つかの症例

インプラントの症例には、事故で歯の根が割れたというケースがあります。この場合、根の代用として顎の骨にチタン製のねじのようなものを入れ、その上に人工の歯を被せました。被せ物はクラウンと呼ばれますが、このケースではクラウンにセラミックを使用しました。インプラントの別の症例では、前に傾斜した前歯2本を抜き、オールセラミッククラウンに変えました。オールセラミックは透明感のある美しい白さを持っているため、きれいな前歯になりました。

↑PAGE TOP