インプラントの手順

抜歯からインプラントまで

抜歯からインプラントまでの期間

インプラントは、歯のない所に行う治療ですが、虫歯や歯周病で抜歯が必要な場合にはどう対処すればいいのでしょうか。まず、歯を抜くと、その部分の骨と歯茎に穴が開いた状態になります。歯のない期間をなくしたい場合は、即時埋入といって抜いた日にインプラントをすることもありますが、基本的には組織が治癒してから行います。歯茎が回復するまでには1~2ヶ月、骨が回復するまでには半年以上かかります。患者さんの残っている歯の状態や、骨の量などによっても左右されますが、平均的にはこの程度の期間が必要になり、その他の治療をしてお口の環境を整えます。

抜歯から治療に入るまでの期間

インプラントは、歯のない所にチタンを埋め込んで歯の代わりにする治療ですが、歯がグラグラで抜かなければいけない場合、抜歯してからの治療になります。歯を抜いた後というのは、出血があり、歯茎や骨が元の状態に戻ろうとします。インプラントをいつ行うのかというのは、骨の状態などに大きく左右されます。歯茎が元に戻るまでの期間は1~2ヶ月ほどですが、骨が完全に治るまでには半年以上かかる場合もあります。適切な状態で治療を開始した方がいいため、患者さんには待つ時間になってしまいますが、治療を成功させるために必要な期間です。

↑PAGE TOP