インプラントは賢い選択

インプラントの最初の一歩

インプラントと差し歯の違い

インプラントは歯の根自体を人工的に埋めるもので、差し歯は、自分の歯の根の部分を使って虫歯などの治療の時にかぶせ物をする治療のことです。元々自分の歯の根を使って治療できることが利点ですが、保険適用で広く使われている金属製の土台は歯に亀裂を入れてしまう可能性もあります。そのため、人工の歯の根を入れるインプラント治療は、体にも優しく自分に合った歯の根を埋めこむため比較的自然な歯を形成することが可能な治療です。

メンテが必要なインプラントとは

インプラントは今まで使われてきた入れ歯やブリッジと違って、人体に負担をかけづらいとても便利な治療方法です。これを利用すれば、食事を今まで通り違和感なく行うことが出来ますし、見た目も全く違和感がありません。このように、とても画期的な方法ですが、一つ注意する必要性があります。それは、メンテナンスをしっかり行うことです。基本的にインプラントは半永久的に使えますが、歯周病になると歯茎が痩せてしまってうまく使用できなくなることがあります。しっかり検診を受ければ大丈夫なので歯科に通いましょう。

↑PAGE TOP